イソフラボンのベストな摂取量は1日に40~50㎎なのはどうして?
納豆

イソフラボンのベストな摂取量は1日に40~50㎎なのはどうして?

女性に人気の「イソフラボン」は、女性ホルモン・エストロゲンにも似た役割を持っています。
体調を崩しやすい方や更年期の方や閉経後の方にも有用といわれ、人間の健康的な生活になくてはならない成分でもあります。
このイソフラボンの摂取量の目安としては、サプリメントで1日30mgですが、総合的には40mg~50mgくらいでも良いといわれています。

食品にすると豆腐で約半丁分(150g)ですから、一丁まるごと食べると少しオーバーになると考えて良いでしょう。
とはいえ、一日豆腐一丁を毎日食べ続ける人はいないと思いますから、味噌や大豆を積極的に食べるとしても、普段の食生活のなかで過剰摂取になることはまずありません。
ベストな摂取量とはいっても、体格の大きな男性と小柄な女性では違いがありますし、子供の場合40mg~50mgものイソフラボンを摂取する必要はありません。
イソフラボンは豆乳にも多く含まれているようです。

食生活のなかで豆腐や豆類を摂取する機会が少ない方はhttp://www.montanajobs.us/easy.htmlで紹介されているようなサプリメントで補うようにしたいところですが、すでに食品からエストロゲン作用を有するイソフラボンを摂取できている場合はサプリメントで二重に摂取する必要はありません。
イソフラボンは食品に含まれる成分のひとつで、薬品ではないため、ついたくさん摂取したくなってしまうものです。
しかし近年、イソフラボンの過剰摂取によるさまざまな影響が示唆されており、特にホルモンバランスを乱す可能性が懸念されています。

乳ガンや子宮ガンなどの病歴をお持ちの方は特に過剰摂取に注意が必要で、甲状腺の疾患がある方についてもたくさん摂り過ぎないように心がけてください。
大豆イソフラボンの具体的な作用については不明な点も多く、どこからどこまでの量が人体に有効で、逆に有害であるかは解明されていません。
少なくとも、人体に影響のない40mg~50mgの必要量だけを摂取できていれば問題はありませんから、あまり量に過敏になりすぎないことが大切です。

イソフラボンとの相性が良く、一緒に摂ると良い効果を期待できる成分はいくつかありますが、その中でも現代人におすすめの組み合わせはイソフラボンとカプサイシンです。
イソフラボンとカプサイシンを一緒に摂ると育毛効果が期待できるといわれています。
薄毛や抜け毛の原因はいくつかありますが、喫煙や大量の飲酒、ストレス、食生活の乱れなど多くの現代人に当てはまるようなことが原因になっています。
なので将来ハゲないためにもこの組み合わせでハゲることを未然に防ぎましょう。

このページの先頭へ